• 多くの女性がむくみで悩んでいるのではないでしょうか。少しでも楽にしようと、自分でマッサージしたり、サロンに通ってデトックスオイルマッサージなどをしてもらったりすることもあると思います。そもそも、女性がむくみやすいのはなぜなのでしょうか。

    体温の低さ

     多くの女性は血圧が低く、また男性より皮膚が柔らかいつくりになっています。 皮膚が柔らかいと皮下組織の圧力も低く、動脈から染み出た水分を静脈に戻しにくくなり、余分な水分が溜まってむくみに繋がります。  また、女性は体質的に皮下脂肪が多く、冷えると温まりにくいという脂肪の性質から体や手足が冷えやすく、体温が低い方も多いでしょう。冷えによって血行が悪くなり不要物がスムーズに流れないためむくみやすくなるのです。食事や衣類など、日常生活から体を温めることを考えてみてはいかがでしょうか。

    多くの女性は血圧が低く、また男性より皮膚が柔らかいつくりになっています。
    皮膚が柔らかいと皮下組織の圧力も低く、動脈から染み出た水分を静脈に戻しにくくなり、余分な水分が溜まってむくみに繋がります。
    また、女性は体質的に皮下脂肪が多く、冷えると温まりにくいという脂肪の性質から体や手足が冷えやすく、体温が低い方も多いでしょう。冷えによって血行が 悪くなり不要物がスムーズに流れないためむくみやすくなるのです。食事や衣類など、日常生活から体を温めることを考えてみてはいかがでしょうか。

    筋肉量が少ない

    体液には筋肉の動きによって自発的に流れるものがあります。脚の筋肉は第二の心臓とも言われ、心臓から送り出されて足先まで循環してきた血液が心臓に戻る サポートとして欠かせません。しかし、男性に比べ女性は筋肉量が少ないため体液の流れが滞りがちで代謝も低い傾向にあり、血液や体液の流れが滞ることで老 廃物が溜まりむくみが発生してしまうのです。
    普段運動しないという方は特にむくみが起こりやすく、むくみを改善させるためには筋肉をつけ筋肉を動かすことが大切です。

    生理や妊娠

     生理前や生理中は、血管が広がり尿量が減るという女性ホルモンの影響によって体液が溜まりやすくなり、むくみを引き起こします。また、妊娠すると水分やナトリウムを溜め込みやすくなり、さらに胎児が成長することで脚の静脈が圧迫され、血液や体液の循環がスムーズではなくなってしまいます。  妊娠中は普段よりむくみやすいので、栄養バランスの良い食事や適度な運動、ストレス発散、安眠など、いつも以上に規則正しい生活を心がけることが大切です。

    生理前や生理中は、血管が広がり尿量が減るという女性ホルモンの影響によって体液が溜まりやすくなり、むくみを引き起こします。また、妊娠すると水分やナ トリウムを溜め込みやすくなり、さらに胎児が成長することで脚の静脈が圧迫され、血液や体液の循環がスムーズではなくなってしまいます。

    妊娠中は普段よりむくみやすいので、栄養バランスの良い食事や適度な運動、ストレス発散、安眠など、いつも以上に規則正しい生活を心がけることが大切です。


    前橋にある当サロンでは、セサミオイルをベースに様々なハーブを配合したハーバルオイルを使い、アーユルヴェーダト リートメントを行います。施術前のカウンセリングをしっかり行い、それぞれに合った施術で心身に働きかけ、ストレスや疲れを癒します。前橋周辺でマッサー ジサロンをお探しの方、むくみや不眠、ストレスなどにお悩みの方は、完全個室で女性専用の当サロンで贅沢なひと時を過ごしてみませんか。料金やトリートメントの内容など、詳細はお気軽にお問合せください。

     

  • エステやマッサージ、痩身などで眼や耳にすることが多い「リンパ」は、健康や美容に欠かせない要素です。そもそもリンパとはどのようなものなのか、こちらでは健康や美容と深く関わるリンパについてご紹介していきます。

    リンパとは

    リンパとは

    人間の体は、体内に侵入してくる細菌などから体を守る仕組みを備えており、その仕組みの1つが免疫機構の中心的役割を担っている「リンパ」です。不要物を 体から集めて排出する「老廃物などの運搬」と、細菌などから体を守る「免疫の働き」が、リンパの主な働きとされています。

    例えば、リンパの流れが悪くなって体内で老廃物や余計な水分が留まってしまうと、むくみや凝りなどを引き起こしやすくなります。老廃物の回収・運搬を行うリンパの流れは健康や美容にとても重要であり、エステやマッサージのメニューでもよく見かけるのです。

    リンパ系の仕組み

    人間の体内には、「リンパ管」というネットワークのようなものが網の目状に体中に張り巡らされ、リンパ管の中を流れる無色透明の組織液である「リンパ 液」、リンパ管が集まる「リンパ節」などでリンパ系を構成します。まずリンパ液がリンパ管を流れた後血管に入り、心臓や動脈を流れた後毛細血管からしみ出 し、再びリンパ管に入りこむという循環を繰り返します。

    リンパ液は、リンパ管を通して古くなった細胞や老廃物などの不要物を運ぶ役割を担い、リンパ液の中の「リンパ球」は体内に侵入した細菌や変性した細胞の処 理を行います。また、私たちの体におよそ800箇所もあるリンパ節は、リンパ液に含まれる細菌や異物を血液の循環に入れないよう働き、ウイルスや病原菌に 対するフィルター的役割を担います。

    リンパの滞りを解消しよう

     リンパが滞る原因には、体の冷えや運動不足、ストレスなどが挙げられます。血液の場合は心臓をポンプとし全身に流れていますが、リンパは筋肉の動きによって自発的に流れます。そのため、運動しないと筋肉があまり動かずリンパが滞りがちになってしまいます。  リンパの滞りを解消するには、栄養バランスの良い食事や適度な運動といった規則正しい生活習慣に加え、リンパの流れに沿ったマッサージやリンパ節への刺激など、セルフケアもおすすめです。仕事中でもちょっとした時間でできますし、体が温まる入浴中や入浴後は特に良いでしょう。  健康や美容のためにも、体に欠かせない浄化システムと免疫機能を持つリンパについて考えてみてはいかがでしょうか。


    群馬県前橋市にある当サロンでは、季節や時間、お客様の体質や悩みなどに合ったハーバルオイルで全身やフェイシャルの施術を通し、心や体の疲れを取り除くサポートを行っています。ストレスフリーの空間を提供し、プライベートサロンにしかできないおもてなしの心でお迎えしておりますので、前橋市や周辺でエステやマッサージのサロンをお探しの際は、ぜひ当サロンをご利用ください。
1 2 3 4 5 6 9