2016年5月25日

精神的に疲れている時に体調を崩したり、体調が悪いと気分が落ち込んだりしませんか?逆に、精神的に楽しさや幸せを感じていると体調も良く、体の調子が良いと気分も上がっていくでしょう。

心と体は密接に関係しているのです。こちらでは、心身の調子を整えるために重要な役割を担う自律神経についてご紹介します。

自律神経を整える

 自律神経は、主に仕事や家事、勉強など、活動的で緊張やストレスを感じているときに働く交感神経(活動モード)と、食事中や入浴・睡眠中など、リラックスしている状態のときに働く副交感神経(休息モード)という正反対の働きをする2種類の神経から成り立っています。 自律神経を整える  心身ともに健康な方は、自律神経の働きがバランスの良い状態と言えますが、仕事や人間関係などでストレスを抱えていたり生活リズムが乱れたり、自律神経のバランスが崩れる原因は日常生活の中に溢れています。  現代人の多くは副交感神経があまり働いていない状態と言われており、心身のバランスが乱れがちでしょう。心身の健康を維持し充実した毎日のためにも、自律神経を整える必要があると言えます。

自律神経は、主に仕事や家事、勉強など、活動的で緊張やストレスを感じているときに働く交感神経(活動モード)と、食事中や入浴・睡眠中など、リラックス している状態のときに働く副交感神経(休息モード)という正反対の働きをする2種類の神経から成り立っています。
心身ともに健康な方は、自律神経の働きがバランスの良い状態と言えますが、仕事や人間関係などでストレスを抱えていたり生活リズムが乱れたり、自律神経のバランスが崩れる原因は日常生活の中に溢れています。

現代人の多くは副交感神経があまり働いていない状態と言われており、心身のバランスが乱れがちでしょう。心身の健康を維持し充実した毎日のためにも、自律神経を整える必要があると言えます。

自律神経を整える方法

  • 規則正しい生活

 夜はできるだけ早く寝て朝は早起きするなど、規則正しい生活を送るようにしましょう。  忙しくても、朝は必ず日光を浴びる、お昼休みに30分昼寝するなど、心身をリセットしましょう。就寝や起床の時間が規則的だと、自律神経の働きにも良い影響をもたらします。

夜はできるだけ早く寝て朝は早起きするなど、規則正しい生活を送るようにしましょう。

忙しくても、朝は必ず日光を浴びる、お昼休みに30分昼寝するなど、心身をリセットしましょう。就寝や起床の時間が規則的だと、自律神経の働きにも良い影響をもたらします。

  • 食事をしっかり摂る

食の欧米化が進み、栄養バランスが偏っている、食事時間が不規則という方が多いと思います。食事も自律神経のバランスに影響するので、栄養バランスの良い食生活を心がけましょう。朝食は特に重要で、ダイエットをしている方や忙しい方もしっかり食べた方が良いです。食物繊維が多い食材や発酵食品、酸っぱいものや辛いものがおすすめです。

  • 体をほぐす

自律神経を整えるには、体を動かすことも大切です。風呂あがりの温まった状態でストレッチやヨガなどをしてみてはいかがでしょうか。深呼吸をしながらゆっくり全身の筋肉を伸縮させることで凝り固まった筋肉がほぐれ、よりリラックスすることができます。
起床時、横になった体勢で思い切り伸びるだけでもぜひ試してみてください。

心身のバランスを整えるためにも、普段のライフスタイルを工夫してみてはいかがでしょうか。


群馬県前橋市にある当サロンは、お客様に癒しを感じてもらえるような心地良い空間を提供する完全個室女性限定のエステサロンです。一人ひとりの状態に合わせた施術はもちろん、様々なハーブを配合したハーバルオイルやフェイシャルエステで、全身をリラックス状態へ導きます。伊勢崎市や高橋市などの周辺地域でエステサロンをお探しの方も、ご来店をお待ちしております。

2016年5月25日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です