2016年5月25日

駅やショッピングセンターなどでもマッサージサロンをよく見かけるようになり、お店で受けるマッサージの人気の高さが分かります。それほど肩こりなどの体の痛みに悩む方が増えているということでもあるでしょう。こちらでは、日常生活の中で考えられる肩こりの原因について解説します。

肩こりを引き起こしやすい原因

肩こりは、首や肩、背中、上腕といった部分の筋肉の圧迫感や痛みといった不快感を指します。肩周辺の筋肉の緊張や疲れ、血行不良など、肩こりの原因は実に様々です。

  • 長時間の同じ姿勢

 デスクワークや読書、細かな手仕事が多い方は、長時間同じ姿勢が続くのではないでしょうか。無意識に両肩を少し前にすぼめる姿勢になってしまうため、首から肩の筋肉に緊張性の疲労が生じます。そして血流が悪くなり、肩こりを引き起こしてしまうのです。  30分作業をしたら5分程度休憩を取る、せめて1時間に1回は伸びをして首や肩をゆっくり動かし、筋肉の緊張をほぐすことをおすすめします。
デスクワークや読書、細かな手仕事が多い方は、長時間同じ姿勢が続くのではないでしょうか。無意識に両肩を少し前にすぼめる姿勢になってしまうため、首から肩の筋肉に緊張性の疲労が生じます。そして血流が悪くなり、肩こりを引き起こしてしまうのです。

30分作業をしたら5分程度休憩を取る、せめて1時間に1回は伸びをして首や肩をゆっくり動かし、筋肉の緊張をほぐすことをおすすめします。

  • 眼精疲労

細かい作業や小さい字、長時間パソコンの画面を見続けるなど、作業に集中するとまばたきの回数も自然と減ってドライアイや眼精疲労を引き起こします。何か を注視する際は姿勢や視線を保つ必要があり、目の緊張や疲労とともに肩や周辺の筋肉も緊張し肩こりを招きます。目の疲れを感じた時は肩こりも気になるとい う方も多いのではないでしょうか。

  • ストレス

 近年増えてきているのが、ストレスによる肩こりです。肉体的・精神的ストレスを受けると、筋肉を緊張させる自律神経が活発に働くため、肩周辺の筋肉も緊張して肩がこります。  ストレスが原因の場合、ストレスが解消されることでその痛みも良くなる傾向にあり、肩こりを慢性化させないためにも趣味を楽しんだり定期的にマッサージやリラクゼーションサロンを利用したり、自分に合った方法でストレスを解消しましょう。

近年増えてきているのが、ストレスによる肩こりです。肉体的・精神的ストレスを受けると、筋肉を緊張させる自律神経が活発に働くため、肩周辺の筋肉も緊張して肩がこります。

ストレスが原因の場合、ストレスが解消されることでその痛みも良くなる傾向にあり、肩こりを慢性化させないためにも趣味を楽しんだり定期的にマッサージやリラクゼーションサロンを利用したり、自分に合った方法でストレスを解消しましょう。

  • 運動不足

   体を動かさず筋肉を使っていない場合、血行が滞りがちで肩こりや腰痛の原因になることがあります。また、普段使われない筋肉は緊張や疲労も起こりやすいとされています。

急に体を動かすのも良くないので、無理しない程度に続けられる運動を少しずつ取り入れることが大切です。体を動かすことはストレス解消にも繋がり、ストレスによる肩こりの解消にもおすすめです。

長時間続く同じ姿勢、眼精疲労、ストレス、運動不足は肩こりの4大原因と言われており、現代人の日常生活と密接に関係していることが分かるのではないでしょうか。


伊勢崎市 や周辺でマッサージサロンをお探しの方は、前橋市にある当サロンへお越しください。施術前にしっかりカウンセリングを行い、お体の状態に合わせ様々なハー ブを配合したハーバルオイルを使ったマッサージをはじめ、フットバスやドームサウナによる発汗など、充実したメニューをご案内いたします。
不眠やストレスなどの疲れにお悩みの方にもおすすめです。完全個室女性限定で安心してご利用いただけますので、伊勢崎市や周辺のマッサージサロンならぜひ当サロンへお越しください。

2016年5月25日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です